藤本純季(ふじもん)

記事一覧(188)

勝負の2月が始まりました🤾‍♂️

こんばんは。どうもふじもんです。いよいよ今日から2月がスタートしました。1月、男子のリーグ戦は日本代表か参加したアジア選手権が開催されていた為中断。ブレイク期間に入っていました。その間に各チームは強化合宿を行なっていたようです。コラソンを始め、大同、湧永、合成は沖縄で合同合宿。車体は福井県にて北陸電力との合同合宿。おそらくですが大崎は韓国での合宿。ほかのチームに関しては情報がなく分かりませんが、各チーム再開されるリーグ戦へ向けて強化を続けていたと思います。そして今日からいよいよ2月がスタートし2/10(土)から各チーム試合が再開されます。トヨタ車体の2月のスケジュールは以下の通り。20戦目日時: 2/10(土) 13:00~ vs 琉球コラソン会場:愛知 豊田合成アリーナ    21戦目日時: 2/17(土) 16:00~ vs 大崎電気 会場:宮崎 小林市市民体育館  22戦目日時: 2/24(土) 14:00~ vs 豊田合成 会場:愛知 豊田合成アリーナ  23戦目日時:3/4(日) 13:00~ vs 湧永製薬   会場:愛知 知立市福祉体育館  トヨタ車体の全体スケジュールはこちらです。以上の4試合になります。おそらく最初の琉球コラソン戦を勝利することで、プレーオフを決定付けることが出来ると思います。ブレイク明けの試合ということで、なかなか難しい試合になると思いますが、必ず勝利したいと思います。その後は現在1位の大崎電気。そして3位の豊田合成。5位の湧永製薬と続きます。全ての試合が、1つでも上の順位を狙う上でどれも負けられない試合です。そして3月には最終試合となる大同特殊鋼戦も残っています。ここからの2ヶ月間、本当にハードな日が続くと思いますが1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。そして幸いなことに、この5試合中4試合が愛知県での試合。アウェーの試合もありますが、お近くの方は比較的に足を運びやすい距離だと思いますので1試合でも多く試合を見て頂けたらと思います。最後に今日2月1日に誕生日を迎えた冨永選手からの告知動画。

いよいよ始まりますよぉ〜‼️

今年も1年ありがとうございました🙇

こんばんは。どうもふじもんです。早いもので今日はいよいよ大晦日。そしてあと数時間で2017年も終わり、新しい年を迎えます。みなさんはどんな時間を過ごしていますか??僕はというと、例年なら実家に帰省し田舎ライフを満喫しているのですが、今年は先日生まれたばかりの新生児と暴れまわる2歳児と日々大忙しな、でも幸せなひと時を過ごしています。シーズンに入るとなかなか家族とゆっくり出来る時間も少ないので、本当に充実した時間を過ごすことが出来ています。ということで、話は変わりますがさっそく本題へ。2017年を少し振り返ってみたいと思います。と言っても主にリーグ戦が始まった下半期になってしまいますが、正直言うと『とにかく疲れたなぁ』というのが本音です。笑僕も実業団選手7年目。30歳手前ということもあり年齢的なものも多少はあると思います。そして今シーズンからは試合数も増加。例年なら3月までかけて消化する試合数を、12月初旬までに戦いました。9月からのここまでの試合数の合計は各チーム違うと思いますが、トヨタ車体の場合は国体と日本選手権を入れるとリーグ戦19試合。国体4試合。日本選手権3試合の合計26試合。もちろん試合というのは実際に試合をやるだけではなく、試合をするにあたっての体と心と頭の準備。そしてもちろんリーグ戦だと移動もあります。トヨタ車体の場合は愛知県での試合も多かったので、その点に関しては本当に恵まれていたのかなと思います。それでも疲労感はかなりあったので、県外の試合だと毎回飛行機での移動がある沖縄に本拠地がある琉球コラソン。また佐賀にあるトヨタ紡織九州や東北にあるトヨタ自動車東日本などどのチームもですが相当コンディション維持は大変だったと思います。そんなこともあり各チーム大変だったなぁ、疲れたなぁと思ってる選手は多いのではないかとあくまで個人的な意見ですがそう思っております。でもこんなことを言ってたらリーグ批判とか思われかねないですね。笑ということでしっかりここだけは書いておきます。こんなこと書いててもスケジュールを考えて欲しいなんかは正直微塵も思っていません。笑海外のチームになれば当たり前のようにこれ以上のスケジュールで試合をしているだろうし、それでいて高いパフォーマンスを維持しているのだから何の言い訳にもなりませんしね。それにたくさんの人の前でハンドボールが出来て、応援してもらうことができて、共に喜んだり悲しんだりすることが出来る。これも僕自身の意見ですが、そんな機会は1試合でも多い方が良いと思います。しかしお客数や、会場演出、企画の差があったと感じたのも事実。この点に関して、今年1番変化があったと思うのは、豊田合成アリーナの試合だと思います。実際に自分達がやった試合もそうであったし、JHLTVで観ていた試合も同じように素晴らしい雰囲気作りをされていたと思います。正直羨ましくなるぐらいでした。笑もっとトヨタ車体のホーム戦も、選手が積極的に協力し、見に来てくださった方がまた試合を見に来たいなと思ってもらえるような会場作り、試合作りをしていかないといけないなと改めて思いました。トヨタ車体がもっとたくさんの方に応援して頂けるような魅力的なチームになる為に、まずはプレーの質や勝ち負けはもちろんですが、行ってよかったなと思ってもらえるような試合。そして会場の雰囲気作り。ファンサービスなど2018年はもっと力を入れるように頑張りたいと思います。またホームゲームだけではなく、地方の試合でもTwitterやFacebook、メール等で連絡頂ければ個人的になってしまうかもしれませんが出来るだけの協力はさせて頂きたい思いますので、各開催地の方は是非ご連絡頂けたらと思います。なんか話が最終的には喜んで頂けるような試合が出来るようにってなってしまいましたね。もちろんこれも大切だと日々考えていることですが最後はやっぱりこれです。『プレーオフ優勝』もう本当にこれだけです。まだ出場が確定したわけではありませんが、出場が決まれば僕にとっては7度目の正直になります。3ヶ月後に最高の瞬間を迎えることが出来るよう、残りの時間を無駄のないように過ごし、そして残りの1試合1試合を全力で戦い抜いていきたいと思います。最後に。2017年。本当にたくさんの応援ありがとうございました。いつもみなさんの温かい声援があり、本当に頑張ることが出来ています。本当に本当に感謝しています。2018年の1年間も、トヨタ車体の応援をよろしくお願いします。そして2018年もふじもんらしく、選手として自分自身が出来ることに精一杯取り組んでいきたいと思いますので、引き続き応援とご協力をよろしくお願いします。それではみなさん、良いお年を㊗️☆ふじもん☆

たくさんの応援ありがとうございました🙇

こんばんは。どうもふじもんです。ご存知の通り、今日は日本ハンドボール選手権大会の決勝。トヨタ車体vs大崎電気戦が行われました。試合結果は下記の通りです。トヨタ車体 30(9-12,18-15,1-3,2-1)31 大崎電気試合の立ち上がりから中盤まではDFも安定し、加藤の好セーブも続いたこともロースコアの試合を展開。OFにおいても狙い通りに攻めることができ、自分たちのリズムで試合を進めることが出来ました。しかし中盤からはテクニカルミスやシュートミス目立ち、一気に大崎電気に流れを持っていかれ9-12と3点ビハインドで前半を折り返します。後半に入ってからも苦しい時間帯が続きましたが、加藤、甲斐さんの2人の再三の好セーブもありなんとか点差を離されないまま試合は進み、最後の最後になんとか27-27と同点まで追いつくことができ試合は二年連続の延長戦となりました。延長前半は開始早々相手に退場者が出ますがそのチャンスを活かすことが出来ず、28-30で延長後半へ。延長後半では逆にこちらに退場者が出ますがなんとか守りきることができ29-30と一点差で試合も最終局面へと進みます。残り1分を切ったところでの大崎電気の攻撃。信太のロングシュートが決まり29-31。すかさずクイックスタートで門山さんがスピードでど真ん中を貫きカットイン。シュートが決まり30-31。そして20秒を切ったところで、ハイプレスのDFを仕掛けますがそのまま時間をキープされてしまい試合終了。30-31で敗れてしまいました。二年連続。延長戦での敗戦。本当に悔しい敗戦です。何度も試合を決めれるところで決め切れなかったこと。あと一歩力及ばなかったということで、結果はもちろん受け入れなければなりません。しかし今大会はGK加藤を始め本当に若い選手が躍動しチームを勢い付けてくれました。今後のリーグ戦、そしてプレーオフへ向けても本当に大きな収穫になったと思います。個人的には不完全燃焼のところもありますが、とにかくシーズン最後のプレーオフで優勝ができるよう今後も頑張っていきたいと思います。今日の試合で2017年の試合は終了。次の試合は2月から再開するリーグ戦になります。それまでの1ヶ月弱。まだまだ時間があるので、しっかりともう一段階レベルアップできるようチーム全体で頑張っていきたいと思います。2017年。本当にたくさんの応援ありがとうございました。そして3ヶ月後のプレーオフで最後に笑って終われるように。これからも頑張りたいと思いますので引き続き応援よろしくお願いします。それでは。みなさんメリークリスマス🎄

週末の2連戦の結果は・・・

こんばんは。どうもふじもんです。この週末は、広島県にてvsトヨタ紡織九州、vs北陸電力との2連戦が行われました。まずは昨日行われたトヨタ紡織九州との試合から。 トヨタ車体 27(13-14,14-12)26 トヨタ紡織九州終始リードされる展開で試合が進み、本当に苦しい試合となりました。後半一時は3点ビハインドになる場面もありましが、そこから少しずつ追い上げ後半28分にようやく27-26と逆転することに成功。最後の攻撃で自分自身がサイドシュートを外してしまい、最後はまたピンチになってらしまいましたがなんとかその1点を守りきっての勝利。GK加藤の終盤のセーブも本当にチームを助けてくれました。そして続く、本日行われた北陸電力戦。前回の試合ではホームでサヨナラゴールを決められ敗れた相手ということで、借りを返すという意味でも全員が高い集中力をもって試合に臨むことができたと思います。試合結果はこちら。トヨタ車体 35(20-11,15-10)21 北陸電力試合は立ち上がりこそ得点の取り合いになったものの、中盤からはDFも安定し失点を減らすことに成功。攻撃に関しても前半だけで20得点ということでしっかり守ることができ、前半だけで9点のリードを作ることができました。後半に入ってからも、比較的自分たちのリズムで試合を進めることができたと思います。また今日の試合は新人3人が大活躍。吉野と杉岡の2人で17点。そしてGKの岡本は17/27とセーブ率が0.63素晴らしい結果だと思います。